検査室です。正確・迅速・ご負担の少ない検査を常に心がけております。
目に関するご相談もスタッフにお気軽にお話し下さい。

<検査機器OCT(光干渉断層検査)>

この器械は今まで診察時ではわからなかった
網膜の断層の写真を撮ることが出来るように
なりました。また、視神経の出入口の厚みを測定し、
緑内障の診断に生かしたり、角膜の厚みを
測定する事も出来る、大変画期的な器械です。

<新しい超音波白内障手術装置>

新しい超音波白内障手術装置を
導入いたしました。詳しくは、
日帰り白内障手術のページをご覧ください。

待合室です。(リフォームしました)
新聞・雑誌・TV等をご覧頂いてお待ち下さい。

受付では毎月保険証の提示をお願いします。
ディスプレイでは代診情報等を表示しています。

クリニックの入口です。
診療開始前は番号札を取ってお待ち下さい。

いまだ眼科は北条町駅前の
「アスティアかさい」の2階にあります。

当院にある主な検査機械

超音波白内障装置(白内障の治療に使用します)
手術用顕微鏡(眼科手術全般に使用します)
ヤグレーザー(後発白内障の治療に使用します)
アルゴンレーザー(網膜剥離の予防や眼底出血の治療に使用します)
オートレフケラトメーター(近視や遠視等の度数を測定します)
ノンコンタクトトノメーター(眼の硬さ<眼圧>を測定します)
5m視力表(視力測定に使用します)
字一つ視力表(主に子供にはこの視力表を使用します))
近見視力表(老眼の方や遠視が隠れている可能性がある子供に使用します)
細隙灯顕微鏡(眼の表面からやや奥の方を観察します)
倒像鏡・直像鏡(眼の奥<眼底>を観察します)
広角眼底カメラ(眼の奥<眼底>を撮影します)
スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮細胞の数を測定します)
レンズメーター(メガネの度数を測定します)
ハンフリー視野計・ゴールドマン視野計・FDT(見える範囲<視野>を測定します)
超音波Aモード(眼の長さ<眼軸>を測定します)
IOLマスター(白内障手術の際の眼内レンズの度数決定に使用します)
プリズムバー(斜視・斜位の量を測定します)
チトマスステレオテスト(物を立体的に見る能力があるか測定します)
OCT(網膜の断層の写真撮影や緑内障の診断や角膜の厚みを測定します)

以上を用いまして患者様の様々な眼の病気に対し、適切な診断・治療をいたしております

<広角眼底カメラ>

高画質で広範囲の眼底写真が撮影可能な為、
従来の眼底検査のように散瞳剤(目薬)で
瞳孔を開く必要が少なくなりました。

瞳孔が開くまでの待ち時間がなく、
診察が終わった後もすぐに車に乗って頂ける為、
好評を得ております。

*ただし、飛蚊症の精密検査、瞳孔が小さい方、
白内障が強い方などは従来通り散瞳剤を使用した検査が必要です。