当院での治療の流れは以下の通りになります。
自由診療のため、保険やこども医療費助成制度等は使えません。

点眼薬は1本2500円(税込)で診察料金は1000円(税込)となります。
詳しくは医師にお尋ねください。

近視とは、近くのものは良く見えるが、遠くのものは、ぼやけて見える眼の状態を言います。

この時の「遠く」と言うのが3m以上の距離はぼやけるという方もおられたら、
30cm以上の距離はぼやけるという方もおられます。これは近視の度数の差によって変わります。

日常生活では遠方が見えにくいと不自由であり、近視は眼鏡やコンタクトレンズで矯正する他、
LASIK(レーシック)などでの治療も行われています。

低濃度アトロピン点眼薬は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的に
アトロピンを0.01%配合させた点眼薬です。
シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されています。

※日本でも7大学(旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、
 慶応大学、筑波大学、日本医科大学)にて臨床研究が始まりました。
 当院の目薬も国内臨床研究と同じ目薬を使用しています。


低濃度アトロピン点眼薬は、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で
統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている唯一の治療法です。

近視の進行が完全に止まるわけではありませんが、少なくとも2年間継続して使用することで
何もしない方と比べ
近視の進行を軽減できたという報告を基にしています。

日本人はライフスタイルがタブレットやスマホの普及により、近方視をする時間が長くなり、
より長時間、ピントを近方で固定してしまうため、近視がより進みやすい状況にあります。

最近の研究で近視は「調節ラグ」と言う、周辺部の見え方がぼやけることにより
眼軸(眼の長さ)が長くなる状態により、近視が進行すると言われています。